エブリイのトランポ能力は?ロードバイクを積んでみた

ロードバイクを車に積むとどんな感じになるのか?

こればっかりは実際に積んでみないと分からないものです

軽四でもダントツの広さを誇るエブリイですが、バイクの積み方によっては制約も出てきそうです

トランスポーターエブリイの積載能力に惚れる

まず、なぜエブリイなのか?というところからお話させていただくと…

  1. ロードバイクを購入したものの、予想外の家族の反対にあい家の外にも中にも置くスペースが無かった
  2. 他にスペースを借りる選択肢はなく、車に積載するしかなくなる
  3. ハイエースは高額すぎて買えないので、抜群の積載能力を誇り経済的にも優しいエブリイバンに

はっきり言って、エブリイは普通車よりたくさん積めます
荷台は真四角でほぼフラットなので、ロードバイクの積み下ろしや掃除も楽々です
僕の場合は、ロードバイクを積んだままの状態でも助手席を犠牲にすることなく、時には後部座席に人を乗せれることが最低条件でした

で、コスパも考慮するとエブリイバンしかない!となったわけです

普通車のワゴンタイプでも良さそうなものですが、実際に積んでみると車内はデコボコしてるし、多少なりとも汚れているロードバイクを乗用車に積むのは気が引けます
ましてや、僕のようにロードバイク(クロスバイク)を常に積んだままとなると…

ホイールをハメたままトランポ

ロードバイクのホイールを外さないで積みたい!
僕自身は普段からこの積載方法です

助手席を潰さず、ロードバイク2台そのまま積むことができます
1台なら後部座席の片側は使えます
コツは後輪から入れること
※ハイルーフ車のみ

前輪ホイールを外してトランポ

頑張れば、ロードバイク3台は積めると思います
1台であれば、後部座席の片側は使えます
車内積載用のサイクルキャリアがあれば、外したホイールの積載にも困りません

輪行袋に入れてトランポ

もはや何も心配はいりません
後部座席すら犠牲にはなりません

僕はいろんな積載方法をロードバイクとクロスバイクで実際に試しています
バイクの固定方法や積んだ場合の隙間具合など、実際に積載している写真を参考にしてみてください

エブリイのグレードによる違い

積載能力に焦点を絞って比較してみます

一番たくさん積めて荷台がフラットなのは、エブリイバン(ハイルーフ)のPA・PCシリーズです

JOINシリーズは、後部座席が分割式ですが座席の質が良い分完全フラットにはならず高さが少し犠牲になります

エブリイワゴンもハイルーフなら積載能力に大きな違いはありません
※荷台の内装が良い分、若干狭くなります

僕もグレードの選択には随分迷いましたので、参考になれば幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です